安全への取り組み

輸送の安全確保は最も重要な使命

当社は、「安全」を経営理念の一つに掲げ、役員をはじめ社員一人ひとりが日頃から高い安全意識を持ち、法令遵守のもと輸送の安全を確保することを第一に、お客様へのより一層の安全で快適な輸送サービスの提供に取り組んでいます。

平成27年度の主な安全対策

高架橋橋脚の耐震補強の実施、軌道モータカーの更新、駅ホームにおける車掌用モニターの改良などに、合わせておよそ3億7千万円を投入しました。
また、修繕費についても、トンネル特別全般検査の実施や、電気設備保守、車両保守などに、合わせておよそ11億7千万円を投入しています。

 

高架橋橋脚の耐震補強

高架橋橋脚の耐震補強阪神・淡路大震災(平成7年1月発生)の耐震性見直しにより、橋脚総本数のうち約2割が補強対象となったため、平成21年度から緊急耐震補強工事を進めていましたが、平成25年度末までに一部を除いて概ね完了いたしました。東日本大震災(平成23年3月)の経験と今後、高い確率で発生すると考えられている首都直下地震を考慮したあらたな耐震補強計画を策定し、平成28年度以降も高架橋橋脚の耐震補強工事に取り組んでまいります。

軌道用モータカーの更新

car2016

駅発着時の安全確保

駅発着時の安全確保車掌が列車のドアを閉める際、ホーム上の安全を確認するために使用する車掌用モニターテレビの更新を、平成24年度から進めています。 平成25年度までに、高解像度モニターテレビを導入した八千代緑が丘駅、飯山満駅、北習志野駅、村上駅に続いて、平成26年度は、東海神駅、船橋日大前駅、東葉勝田台駅の更新を行い、車掌からの視認性の向上を図りました。 平成27年度、八千代中央駅を更新し、全駅の高解像度化が完了しました。

平成28年度の主な安全対策

高架橋耐震補強工事の実施や、駅の総合防災盤の更新などに、合わせて5億9千万円余の投入を予定しています。
また、修繕費についても、平成27年度と同様、トンネル特別全般検査の実施や、電気設備保守、車両保守などに、合わせておよそ14億7千万円の投入を予定しています。

 

異常時総合訓練

大規模な災害や事故などを想定し、社員の異常時対応能力の向上を目的に訓練を実施しております。

安全報告書


ページの先頭へ