東葉高速鉄道に関する特別展開催のお知らせ

下記の科学館及び博物館にて、東葉高速鉄道に関する興味深い特別展が開催!

この秋のおでかけにいかがでしょうか?

 

●千葉県立 現代産業科学館

 電力や石油、鉄鋼などの現代産業や、産業に応用される科学技術をテーマとした、参加・体験型の科学館

 です。

 特別展「出発進行~もっと・ずっと・ちばの鉄道~」(開催期間:開催中~12月4日[日])では、

 千葉で活躍する鉄道の歴史、各鉄道会社の車両構造や走る仕組みなどもわかりやすく紹介。

 鉄道用運転シミュレーターやNゲージ運転体験など参加型イベントも楽しめます。

 開業20周年記念列車で使われたヘッドマークの展示など、東葉高速鉄道の展示もございます。ぜひ、ご来場

 ください。

 ※「千葉県立 現代産業科学館」のHPはコチラ

 ※休館日、入館料などは上記HPにてご確認ください。

 

●地下鉄博物館

 地下鉄の歴史やしくみなど、地下鉄のあらゆることがわかる博物館です。

 特別展「東西線と東葉高速鉄道線との相互直通運転20周年展」(開催期間:11月15日[火]~2017年1月15日

 [日])では、営団地下鉄東西線(現在の東京メトロ東西線)と東葉高速鉄道線が相互直通運転を開始して20

 年を迎えたことを記念し、東葉高速鉄道が鉄道建設に至る経緯、その後の輸送人員、沿線開発状況などを歴史

 年表、写真パネルなどで紹介。ぜひ、ご覧ください。

 ※「地下鉄博物館」のHPはコチラ

 ※休館日、入館料などは上記HPにてご確認ください。

 ※「東京メトロ」ニュースリリースはコチラ

  • 2016年11月07日

ページの先頭へ